MENU

ライフティは自営業者の場合どうなの?

最近はノマドワーカーとか、在宅ライターなど、どこかの企業や会社に属すことなく自分で事業を展開するタイプの働き方が多くなってきました。この他にも自宅がオフィスの個人事業主とか、ハウスクリーニングなどを自分で受注して自営している人などいろいろな働き方をする人がいます。

 

いずれにしてもこうした自営業者の人たちが消費者金融業者で借入をすることももちろんあります。ではライフティの場合、自営業の人でも借入をすることは可能でしょうか?

 

まず基本的な部分ですが、ライフティは特に職業別の制限というものを設けてはいません。「給与収入がある人に限る」とか「公務員に限る」「年収が500万円以上の人に限る」といった項目はありません。基本条件は年齢が20歳以上69歳以下の人で安定した収入がある人、とこれだけです。ですから自営業の人が借入することは理論上可能になっています。

 

自営業の人がライフティに申込む場合の注意点

自営業の人でも順調に稼いでいる人はたくさんいます。中には普通の企業の就職している人よりも稼ぎがいいという人も少なくないでしょう。ただ一般的に自営業者は安定した職業と見なされるかというと、残念ながらそうではないところがあります。

 

ですから自営業者で多額の収入があるという人ならまだしも、収入にばらつきが多少ある人の場合は、申し込み時にいくつか工夫すると良いです。例えばライフティの申し込みページには、「ご希望条件の入力」という項目があります。

 

そしてそこには借入限度額や希望借入れ額を記入するのですが、ここにあまりに高い金額を入力するよりは、控えめな金額を記入するほうが良いでしょう。またもし現在他社からの借入れがあるのなら、借入額が少ないほうが印象は良いはずです。

 

ですからライフティに申し込む前に他社からの借入額を減らしておくと無難です。ふつうは一括返済をしたり臨時繰り上げ返済などが可能なので、それを活用しましょう。またライフティでは基本的に、希望借入れ額が50万円を超えるか、他社との借入総額が100万円を超える場合には収入証明書は必要ないのですが、自営業者はその収入の不安定さの懸念から、収入証明書の提出を求められる可能性がゼロではありません。

 

ですから万が一のために課税証明書などの公の書類を準備しておくと審査がよりスムーズになると言えます。自営業者でライフティの審査に通る人はもちろんいるので、信用情報や収入に大きな不安がないのであれば申込をしてみると良いでしょう。